緊張はスカルプにもただいたダメージを与えている

主人氏はカジュアル他人に必要以上の遠慮をしてしまう奴だ。そのせいか禿は表にまで広がりを見せてある。我家に居候がきてからというのも、グングン事柄が顕著に表れてある。

カジュアル落ち着きの場所となっていた我家に他人が掛かる結果、ずいぶんデリケイトになっているのか、髪の減退が凄いだ。

何とかしてあげたいんですが、居候が出てってくれない以上はどうしようもありません。居候はこういう実態を随分思ってはいないようです。

事態は深刻さを増している気がします。このままでは主人氏の薄毛の拡がりがバックにも行ってしまうのではないかと考えが考えではありません。

育毛シャンプーもさして効能はないようです。シャンプーも圧力というが目当てではなすテクニックがないのでしょうか。

毛髪を諦めてきている主人さんですが、圧力をなんとかすれば薄達禿も解決できるのではないかと勝手に思っています。

自分も薄達禿の原因を作っている動機かもしれないと思うと考えが考えじゃありませんが、ひたすら主人氏の圧力が溜まらない経済作成を目指したいと思います。

という自分も圧力って溜めるってたちまち病になってしまう体調だ。居候のために大家の自分たちが健康を崩して行くのも愚者らしいので、これからは考えを遣わずにザクザク居候にも言いたいことは言っていこうとしてある。www.tsumugi-ricochet.com