息抜きのためには、切替のスイッチが責務

老化と共に白髪が広がることは普通流れですが
これと共に、髪の毛1本ずつが細くなっていきます。
髪の毛が細くなると、抜毛も増えていくという
随分手詰まりのくりかえしだ。

ただし、すべての人に見つかるわけでもなく
また、同い年の人類も個人差があります。
その背景には、日常の営みの表現があり
単に、食事や精神的な負担の系も見逃せません。

負担が強まると、交感神経が興奮した状態になり
体の心配が続き、血行も悪くなります。
また、気晴らしのための暴食も負債になり
営み病魔を引き起こす条件にもなるのです。

このように考えると
心身のバランスが崩れるといった、髪の毛だけでなく
体のあらゆるところに垣根が生じます。
それが、重篤な病の引き金になるという目線も置きられません。

年齢を重ねるごとに、社会的役目も増えますが
自分で行える気晴らし法を身につけることが大切です。
そのためには、自分のなかで移植の切替を
意識することも必要なのかも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です