女性ホルモンというお肌の度合の密接な繋がり

私の肌荒れはティー幅が油っぽくって、その他が乾燥肌というものです。ですから夏にはコッテリ乳液をつけてしまうとべとついて逆に面皰やプツプツができ易くなるのが不満だ。ただ脂性だからといってさっぱりしたメーキャップ水だけでスキンケアをしてしまうと秋になって表皮がゴワゴワに荒れてしまう。
そうして自分の月経の頻度とともにお肌の恰好もすごく変化します。月経が終わってウィークぐらいは表皮の恰好が至極良くって、張り秀麗もマキシマムな状態です。更に排卵太陽当たりは頂点お肌がきれいでぺっぴんさんになります。その辺は動物としての本能なのかなと思います。
そうして後半の2週はしだいに表皮の恰好が悪くなって来るのが実感できます。メーキャップのノリもそれほどになってきます。直ちにファンデーションが粉をふいてしまう状態になります。そうして月経の2、3太陽フロントぐらいには表皮が何ともセンシティブになります。お風呂立ちにメーキャップ水を表皮にたたくとピリピリといったしみるのです。めっぽうしみて厳しいので直ちにクリームを前述から塗っていらっしゃる。
ママのホルモンというお肌の恰好はとても密接な関係があります。こういった自分の体の頻度によって賢くお肌のお手入れを通じて張り輝きをキープしたいとしていらっしゃる。シミ取りクリームは、どれがいい?